お知らせ

2016-12-31 00:00:00

H28寄附

 

平成28年度「認定NPO法人紋別文化連盟」寄付者一覧

氏名、寄付金額についてご同意をいただいた方のみ掲載させていただきます。(H.28.1.1~12.30

 

 


2016-12-27 21:19:00

紋文連だよりvol.30

紋分連だより 第30号

主な内容:

◎写真でつづる 第62回紋別市民芸術祭特集

本年度は「輝く明日へ」をテーマに11 月3 日㈭〜6 日㈰の間、紋別市民会館全館及び市立博物館ギャラリーを中心に開催されました。多くの市民の皆さんや興部町・滝上町との協働事業も含め多様な展示やステージ発表が行われました。展示部門は期間中、市民芸術祭総合ステージは11 月6 日㈰に開催され、多くの市民の皆様のご来場を頂きました。又今年も芸術祭スタンプラリーが実施され、201 名の応募があり抽選により20 名の方に図書カードを進呈しました。

◎総合ステージ
◎展示部門
◎紋別歌人会色紙展開催
◎「子ども短歌」入賞作品発表
◎平成28年度市民芸術祭参加第52回市民合同茶会が開催されました。
◎事務局掲示板
◎編集後記

 


2016-11-10 22:09:00

10月9日、認定NPO法人紋別文化連盟の荻野会長が、平成28年度文化連盟賞授賞者と第22回文芸オホーツク賞の選考結果を発表しました。

 

【文化功労賞】 
 安曇 恭彦氏(60) 紋別吹奏楽団団長 (NPO法人紋別文化連盟正会員)

 

 

安曇

 紋別市生まれ。紋別北高等学校を卒業後、教職員を目指し教育大学に進学。昭和56年に紋別市沼の上小学校に赴任。中学校、高校と吹奏楽部に所属していたことから、同年、紋別吹奏楽団に入団し活躍。その後佐呂間小学校に転勤したが、平成3年に紋別小学校に赴任。平成4年に同校の児童による金管バンドの結成に携わり、11年間指導者として尽力され、平成11年の全道大会出場の礎を築いた。
 さらに、平成18年に潮見小学校へ転勤となり、平成24年8月、紋小時代に培った指導力を活かして、同校金管バンドの結成に力量を発揮。平成28年3月の退職まで、約15年間金管バンドの指導者として熱心に児童の音楽教育に情熱を傾注した。
一方、平成9年から紋別吹奏楽団の団長として、地域に密着した音楽活動を実践され、吹奏楽の定着を図るなど、幅広く紋別市の音楽文化の育成、普及に尽力された功績に対しての受賞。
平成20年 紋別小学校金管バンド 文化奨励賞受賞
平成22年 紋別吹奏楽団   芸術文化貢献賞受賞

 

   

 

【芸術文化貢献賞】
 紋別エッセイクラブ 代表者 平野  学氏(NPO法人紋別文化連盟正会員)

 

 

エッセイ

平成3年4月、8名の会員で創設。
初代代表の故・松田 貞夫氏と当時の北海道新聞社紋別支局長 北原 尭氏の指導のもと、道新かわら版「火曜日の食卓」にエッセイ作品を毎号発表し、月例会では会員同士で作品を批評し合うことで、筆力を上げることを目指した。一年間の研修を経て平成4年「文芸オホーツク」を創刊。紋別市内外から幅広いジャンルの掲載作品を一般公募することで、文学愛好者の底辺拡大と発表の場を提供してきた。
現在は、11名の会員が道新かわら版への作品発表と、文芸オホーツク創刊号からの編集を担当。忘れられてゆく地域文化の歩みにスポットを当てた特集を企画して、言葉による地域文化の伝承に努めるなど、地域の文芸・文化誌として広く市民の支持を受けている。 文芸オホーツクは、本年で25年間継続して発刊。
紋別地域における文芸・文化活動の発展に貢献された功績を讃えての受賞。
平成10年 文化奨励賞受賞
平成25年度、北海道地域文化選奨特別賞受賞(文芸オホーツク編集委員会)

 

 


【文化奨励賞】
 読みきかせサークルわくわく 代表者 渡辺 玲子氏 (非会員)

 

 

読み

 平成12年結成。図書館や小学校での「読みきかせ」を通じて子ども達に本に親しみ、触れ合う機会を設ける活動を実践してきた。
 図書館での絵本「読みきかせ」は、毎月第1土曜日(8月・12月を除く)。潮見小学校での朝朗読「読みきかせ」は、水曜日に行っている。そのほか、「としょかんクリスマス会」では会員手作りの人形劇を上演、また、7ケ月の赤ちゃんに絵本をプレゼントする「ブックスタート」事業では、お母さん達に読みきかせの大切さを伝授している。 
 幼少のころからの読みきかせは、明日を担う子ども達の読書力の向上に大きく寄与するものである。地域の読書活動の啓蒙と今後の活躍を期待しての受賞。

 

 

 

 

 フラ・サークル紋別 代表者 佐藤 ヒデ氏(NPO法人紋別文化連盟正会員)

 

 

フラ

平成20年、フラダンス愛好者が互いの技術研鑽と広く市民にフラダンスの良さを知ってもらうことを目標に結成。
毎月3回を練習日とし、2回は講師を招いての練習日、1回は自主練習を行っている。練習日はいずれも水曜日。主な活動は年に1回の発表会や市民芸術祭や港まつり、公園祭りなど。また、地域の行事に積極的に参加してフラダンスの普及と啓蒙に努めている。
 現在の会員は10名。健康増進につながるフラダンスは無理なく取り組めるので老若男女に人気があり、今後ますますの増加が見込まれる。地域のフラダンス活動の振興と今後の活躍を期待しての受賞。

 

 

 

 レイアロハ・フラスタジオ旭川紋別教室 代表者 綿本 美代子氏 (NPO法人紋別文化連盟正会員)

 

 

アロハ

平成23年、本格的なフラダンスの技術を習得するために結成。ゆったりとした動きの有酸素運動は、年齢に関係なく楽しむことができることが人気の秘密。
 毎月2回、第2、第4月曜日にはインストラクターによる練習、第1・3月曜日は自主練習を行い技術の向上に励んでいる。文連主催事業や地域の行事へ積極的に参加。さらに児童館、興部食マルシェなどのボランティア活動も行っている。
現在の会員は9名。さらに、今後はフラダンスとウクレレといったハワイ文化をトータルに楽しむ活動にも取り組む予定であり、地域のフラダンス活動の振興と今後の活躍を期待しての受賞。

 

 

 

【第22回文芸オホーツク賞】

 

【最高賞】該当作品なし

【佳 作】エッセイ「昔ばなし」他1篇 大澤 満子氏(上藻別出身、札幌市在住)

【奨励賞】創作「嫁三人・秘薬」友納 ルイ氏(滝上町出身、札幌市在住)

【  】エッセイ「祖母の薄荷畑を訪ねて」他3篇 森田 友子氏(紋別市在住)

      

 

 


2016-10-28 16:21:00

本日、10月28日、文芸誌の「文芸オホーツク」第25号を発行いたしました。

定価1,080円(税込み)

お問い合わせは、NPO法人紋別文化連盟

事務所・連絡先は、紋別市幸町3丁目2-26「珈琲専科茶豆館」内

電話0158-23-6081 FAX0158-23-6070

  

文芸オホーツク =第二十五号= 目次

◆創 作◆

・嫁三人・秘薬 友納 ル里

◆エッセイ◆

・昔ばなし 他一篇 大澤 満子
・RINAの育児奮戦記Ⅷ 木村 梨奈
・里海を生きた男と七人のなかま さとう あきら
・祖母の薄荷畑を訪ねて 他三篇 森田 友子
・一回り大きな春 他四篇 林 道行
・スマホデビュー 他三篇 佐藤 久子

◆フォトエッセイ◆

・熊の路・羅臼岳 小林 功男

◆特集◆

・「コムケ湖に魅せられて」
・コムケ湖の野鳥・草花 コムケの会
・三室番屋復活プロジェクトの想い 新沼 透
・コムケ湖の自然を見守る「コムケの会」 大島百合子
・インタビュー(かき養殖・事業者・久保忠夫) 編集委員会
・座談会「コムケ湖を語る」 編集委員会
   
  出席者 もんべつかいはつくらぶ代表   大館 和広   
      三室番屋復活プロジェクト代表  新沼 透
      三室番屋オーナー        三室 博一
      コムケの会会長         大島百合子

◆童 話◆

・氷海ものがたり        小林 可奈
・流氷とブラキストンのお話し  山田 雅也

◆ 詩 ◆

・春待つキリギリス       鹿内美惠子

◆俳 句◆

・金閣寺ほか     村上  永

◆短 歌◆

・祈りの絵      古屋かつみ
・ルンルン気分    本宮 豊子
・ふる郷の吊橋    菅原富貴子
・折紙かぶと     濱田 きみ
・平和の祈り     久我タケ子
・それぞれの日々   吉川 庸子


◆第六十二回紋別市民芸術祭協賛◆
・「子ども短歌フェスティバル」
        入賞作品 紋別歌人会

◆エッセイ◆

・きのこ二題          平野  学
・諦観と悟り          坂本てい子
・田舎教師、とりあえず走る⑤  いまむら のぶひと
・母の面影           池野 柳芳
・科学的精神の欠如は日本の将来を失敗に導く  横平 弘

◆創 作◆
・石北本線遠軽駅(前編)      佐藤 将寛
・濁流㈦              今津  綾

◆第二十一回『文芸オホーツク賞』の選考結果
           文芸オホーツク選考委員会

◆第八回北北海道文芸誌フォーラム in もんべつ開催
           文芸オホーツク編集委員会

 

  表紙・扉写真         大館 和広
  本文カット          かんの たかを
  もんべつエッセイ倶楽部会員募集
  文芸オホーツク協賛会員一覧
  第二十二回『文芸オホーツク賞』について
  文芸オホーツク協賛会員募集
  文芸オホーツク賞歴代受賞者一覧
  第二六号募集要項

 

 

文芸オホーツク25号

 

 


2016-10-24 23:13:00

文連29

文連だよりvol.29

目次

◎多くの市民に参加をいただいた文連主催事業
・ひと夜かぎりの歌声喫茶「そんぐ3」
・第10回「市民カラオケ大会」
・新たな事業 第1弾 「ぶんれん演芸劇場七月公演」

◎文連子どもクラブ通信
 華道・茶道・絵画・琴・書道・焼き絵クラブ

◎公民館講座通信
 上渚滑トールペイント講座・上渚滑美字講座・上渚滑七宝焼き講座・上渚滑手芸講座・組み木講座(昼の部・夜の部)・料理講座・七宝焼き講座・手芸講座

◎第45回市内4派合同吟剣詩舞道交歓会
 ?104歳を迎える杉山祐三郎さんも堂々と吟を朗詠?

◎第8回「北北海道文芸フォーラム」開催

◎事務局 掲示板
 ・ご寄付の報告
 ・第62回紋別市民芸術祭 ~輝く明日へ~ の開催について
 ・第60回記念「雪の夜のつどい」開催 平成29年3月4日
 ・団体周年記念事業

◎編集後記

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...